HOME > 農学部について > 教員紹介 > 附属演習林 > 大島 潤一
農学部について
農学部附属演習林・農学研究科森林科学専攻
大島 潤一

講師

大島 潤一

おおしま じゅんいち

木材を効率的かつ効果的に生産するために、樹木の材質を評価し、エリート選抜を行う材質育種について研究しています。また、演習林のフィールドを活用し、森林・林業に密着した研究について取り組んでいきます。

詳細はこちら

早生樹における選抜指標抽出に関する研究

ユーカリの細胞形態
ユーカリにおける繊維長の樹幹内変異

木材は、植林により永続的に再生産が可能な生物資源であり、二酸化炭素を固定し、地球温暖化防止に貢献します。木材を効率的かつ効果的に生産するために、早生樹の中から良い材質を有するエリート木を選抜する材質育種が重要です。本研究では、木材の細胞形態を材質指標とし、その樹幹内変異を解析することで、エリート選抜に必要な樹幹全体の標準値を示す位置を検討しています。

文献リスト

  1. Ohshima, J., Yokota, S., Yoshizawa, N., and Ona, T., Feasibility study of quality plantation pulpwood breeding on fibre length,vessel element length and their ratio sought by within-tree variations in Eucalyptus trees, Forestry Studies Metsanduslikud Uurimused, 54: 37-47, 2011
  2. Ohshima, J., Yokota, S., Yoshizawa, N., and Ona, T., Representative heights for assessing whole-tree values and the within-tree variations of derived wood properties in Eucalyptus camaldulensis and E. globulus, Wood and fiber Science, 37: 51-65, 2005
  3. Ohshima, J., Yokota, S., Yoshizawa, N., and Ona, T., Examination of within-tree variations and the heights representing whole-tree values of derived wood properties for quasi-non-destructive breeding of Eucalyptus camaldulensis and Eucalyptus globulus as quality pulpwood,Journal of Wood Science, 51: 102-111, 2005
ページトップへ