HOME > 農学部について > 教員紹介 > 附属農場 > 池田 裕樹
農学部について
農学部附属農場・農学研究科生物生産科学専攻植物生産学講座
池田 裕樹

助教

池田 裕樹

いけだ ひろき

園芸作物、特にトマトやタマネギなどの野菜を中心に、品質や生産性を高めるための基礎研究を行っています。附属農場の広大なフィールドを活用した栽培試験から、実験室での遺伝子解析まで、様々なアプローチから研究を進めています。

詳細はこちら

トマトの近縁野生種が有する有用形質と遺伝子の解析

トマトの近縁野生種(左)と栽培種(右)の成熟果

トマトは世界で最も生産量の多い野菜で、糖やアミノ酸、ビタミン類やミネラルが豊富な上、カロテノイド系色素を含むことから機能性も高く、栄養価の高い野菜として注目されています。現在市場に流通しているトマト(栽培種)の祖先種である近縁野生種は、栽培種にない有用形質や遺伝子を多く含むことから、新品種の育成などに向けた遺伝資源として利用価値が高いと考えられます。そこでトマトの近縁野生種の1つであるS. pennelliiの染色体を栽培種S. lycopersicumの染色体に導入した染色体断片置換系統を研究材料に用い、果実の品質に関係する有用形質や遺伝子について研究を行っています。

タマネギのりん茎肥大および抽苔発生メカニズムの解明

タマネギの生育とりん茎の肥大

タマネギは野菜の中でも生産量が非常に多く、作型や品種、栽培方法の違いにより1年を通して市場に流通しています。主な産地として北海道や佐賀県、兵庫県などが知られていますが、栃木県でも鬼怒川沿岸を中心に産地が形成され、多くのタマネギが秋まき栽培されています。このように幅広い地域で生産されているタマネギですが、可食部(りん茎)の肥大や秋まき栽培の際に問題となる抽苔が発生する仕組みについては、研究が十分に進んでいません。そこでタマネギのりん茎の肥大や抽苔が起こるメカニズムについて、日長や温度などの環境条件と遺伝子発現の関係などに注目して研究を行っています。

文献リスト

  1. Ikeda, H., T. Shibuya, M. Nishiyama, Y. Nakata and Y. Kanayama. 2017. Physiological mechanisms accounting for the lower incidence of blossom-end rot in tomato introgression line IL8-3 fruit. Hort. J. 86: 327-333.
  2. Tieman, D., G. Zhu, M. F. R. Resende Jr., T. Lin, C. Nguyen, D. Bies, J. L. Rambla, K. S. O. Beltran, M. Taylor, B. Zhang, H. Ikeda, Z. Liu, J. Fisher, I. Zemach, A. Monforte, D. Zamir, A. Granell, M. Kirst, S. Huang and H. Klee. 2017. A chemical genetic roadmap to improved tomato flavor. Science 355: 391-394.
  3. Ikeda, H., T. Shibuya, S. Imanishi, H. Aso, M. Nishiyama and Y. Kanayama. 2016. Dynamic metabolic regulation by a chromosome segment from a wild relative during fruit development in a tomato introgression line, IL8-3. Plant Cell Physiol. 57: 1257-1270.
ページトップへ