HOME > 農学部について > 教員紹介 > 附属農場 > 長尾 慶和
農学部について
農学部附属農場・農学研究科生物生産科学専攻動物生産学講座
長尾 慶和

教 授

長尾 慶和

ながお よしかず

家畜の繁殖について、卵子や精子、あるいは胎子を用いた様々な研究を展開していて、附属農場には、特殊な顕微授精法で産まれた世界で初めてのウシやヒトES細胞に由来する造血組織を有する世界で初めてのヒツジが存在します。さらに、これらの動物の生活の質を高めるための飼養学関係の研究も行っています。

詳細はこちら

ウシおよびイヌの卵子と精子の相互作用に関する研究

ウシについては、と体卵巣中に残されている卵子を用いて、卵子成熟(減数分裂)や受精時の卵子と精子の相互作用について、様々な検討を行っています。とくに、ウシ顕微受精技術を用いて卵子と精子の相互作用やそれらと環境因子との関連について解析し、ヒト不妊治療の成功率向上を目指しています。イヌについては、優秀な盲動犬の効率的な育種・繁殖を目的に、イヌ精子の凍結保存法の検討、イヌ卵子の体外成熟培養ならびに体外受精法の検討、イヌの様々な遺伝形質の遺伝子診断法の検討などに取り組んでいます。

ヒツジ胎子を用いたヒト幹細胞の分化誘導に関する研究

ヒトES/iPS細胞を用いた再生医療の実用化にはまだまだ様々な課題が残されています。その課題のひとつに、ES/iPS細胞の分化をいかに制御するか、という課題があります。当研究室では、自治医大との共同研究により、体外での培養では、最も困難と考えられているES/iPS細胞の造血系組織への分化を、ヒツジ胎子微少環境内で制御・誘導することに成功し、現在はさらに効率良い分化誘導法の確立を目指して研究を進めています。

文献リスト

  1. Ex vivo expansion of human HSCs with Sendai virus vector expressing HoxB4 assessed by sheep in utero transplantation. Abe T, Masuda S, Ban H, Hayashi S, Ueda Y, Inoue M, Hasegawa M, Nagao Y, Hanazono Y. Exp Hematol. 39:47-54 (2011).
  2. Intravascular route is not superior to an intraperitoneal route for in utero transplantation of human hematopoietic stem cells and engraftment in sheep. Tanaka Y, Masuda S, Abe T, Hayashi S, Kitano Y, Nagao Y, Hanazono Y. Transplantation. 90:462-463 (2010).
  3. The effects of methyl-b-cyclodextrin on in vitro fertilization and the subsequent development of bovine oocytes. Nagao Y., Ohta Y., Murakami H. and Kato Y. Zygote 18:323-330 (2010).
ページトップへ