HOME > 農学部について > 教員紹介 > 森林科学科
農学部について
教員紹介

森林科学科

教授

大久保 達弘 アジアの森林消失や修復フロンティアで長期森林動態観察区を利用して樹木個体群動態、林冠攪乱体制や構成樹種の生活史特性を解析しています。また、断片化した森林生態系の復元力を生態学・育林学的に明らかにし、その施業技術開発に向けた基盤情報の確立を試みています。
田坂 聡明 間伐材集材作業を中心とした伐木集運材作業システムの適正化、森林内不整地における使用を前提とした作業機械の開発について研究しています。
執印 康裕 森林と土砂・水移動に関する研究について、森林植生が与える影響の評価を、統計的手法あるいは実験的手法のみならず、これにモデル論的手法を組み合わせて、定量的分析を試みています。
山本 美穂 森林資源がどのように利用され、特に次世代への継承に際してどのような問題に直面しどう解決策を見出していくべきかについて、野外での社会調査と同時に史料、統計資料の分析を進めながら検討しています。
横田 信三 広葉樹シラカンバが菌に感染した際、樹木内に特異的に生じるタンパク質を調べることにより、樹木内で生じる抵抗性機構について研究しています。また、木質系バイオマスを用いて、バイオアルコールや有用化学物質を生産する研究も行っています

准教授

        
有賀 一広 森林の公益的機能や木材生産機能などの多面的な機能を高度に維持、発揮するためには、適切な森林管理が必要となります。適切な森林管理・木材生産を実行することができるフォレスターを育てていきたいと考えています。
石栗 太 “木材”は、樹木が作り出す再生可能な資源であり、人間の生活に欠かせない材料の一つです。この“木材”がどのようにして形成されて、どのような性質を持つのかを調べ、有効に活用する方法を探しています。
松英 恵吾 森林の持続的利活用を前提に森林の整備・維持・管理について森林空間情報を用いた方法論の開発に取り組んでいます。
逢沢 峰昭 森林植物の遺伝子等の地理的変異を調べ、北東アジアというスケールでの系統地理学を目指しています。国内では、森林の植生、昆虫および土壌といった多面的な視点から、森林生態系の基礎的仕組みの解明を行っています。

助教

林 宇一 現在、林業に関して、労働経済学の視点等から研究を進めています。林業を産業・職業という視点から捉えた場合にどのように映るのか、他の産業・職業と比較した場合にどのような特徴が見られるのか、を研究しています。
ページトップへ