HOME > 農学部について > 教員紹介 > 農業経済学科 > 児玉 剛史
農学部について
農学部農業経済学科(農業経営情報学)・農学研究科農業経済学専攻
児玉 剛史

准教授

児玉 剛史

こだま よしふみ

経済学、計量経済学を基礎とした応用研究を主としています。特に食料経済にかかわる分野についての研究を行い、健康をキーワードとして、様々な角度からアプローチを試みる研究を特色としています。

詳細はこちら

食料経済学

食料、栄養、健康をキーワードとして、日本の食について経済学的に研究

ゼミの風景。経済理論から導かれる結論は一つではなく、議論は大切な過程です
市場調査。表示には多くの情報が含まれ、多くの人の考え方を踏まえて価格が決まります

私の研究室では、食に関する様々な問題をテーマとして研究をしています。生産の現場である農業から流通、消費の特徴など題材は幅広いです。研究の基本となるのが経済理論です。経済理論は独特な価値観を持っていて、世の中の常識とは異なる場合が多々あります。世の中の常識で出来上がったシステムの問題点を発見し、修正案を提示することが、私の分野の研究のひとつの醍醐味といえます。食以外にも、最近は耕畜連携システムや認定農業者制度などの研究、さらには文化や環境問題に関する研究も行っています。基礎的学問として利用する経済理論ですが、導き出す結論は一つではありません。理論と自分の信念を持って研究を行うことが重要です。

文献リスト

  1. 児玉剛史・村上雅洋・渡邉憲二・菊島良介・茅野甚治郎, 「経営および地域における課題に関する認定農業者の意識構造へのアプローチ-自由記入欄の定量的分析-」, 『農村研究』, 第108号, 2009, pp.53-63
  2. 鳥越一史・渡邉憲二・児玉剛史, 「地域特産物の品質管理に関する経済学的研究」『農村計画学会誌論文特集号』, 27巻, pp.323-328, 2009
  3. 児玉剛史・山田祐実子・大沼亜樹, 「耕畜連携システム開発導入に関する経済評価」, 『農村研究』第106号, pp. 2008
ページトップへ