HOME > 農学部について > 教員紹介 > 農業環境工学科 > 菱沼 竜男
農学部について
農学部農業環境工学科(生産環境工学)・農学研究科農業環境工学専攻
菱沼 竜男

准教授

菱沼 竜男

ひしぬま たつお

農畜産物の生産システムの効率性や環境側面の改善、要素技術や代替システムの検討などの各種課題に対して、 ライフサイクル的な思考を適用して総合的な視点からアプローチしています。

詳細はこちら

環境負荷を抑えた農作業システムやバイオマス利活用システムのあり方、技術開発の方向性を考える

家畜が食べる飼料作物の生産・収穫にも化石燃料は投入されています
リサイクルに係る一連のプロセスをシステムとして分析することも必要です

農畜産業は、食料を生産するとともに稲わら、家畜ふん尿などの廃棄物(副産物)を出します。さらに、食品が食卓に並ぶまでの過程(食品加工、スーパーでの販売管理など)では、食品加工残さや余剰食品(食品循環資源)なども排出されます。一方、ふん尿由来の堆肥、稲わらや余剰食品を原料とした飼料などは農畜産業で利用されています。すなわち、農畜産業は、有機性の廃棄物を未利用資源として循環的に利活用できるしくみを持ち合わせていると考えます。ただし、有機性未利用資源の適正な処理(利活用)、利用側のメリットなどを考えると何を基準に、どのようにシステムを構築するのかが課題です。本研究室では、農業機械や作業システムの総合的な環境側面の分析から、トータルで環境負荷を抑えた農作業システムやバイオマス利活用システムのあり方、技術開発の方向性を考えます。

文献リスト

  1. 菱沼竜男, 鈴木一好, 玄地裕, 稲発酵粗飼料生産のライフサイクル的な温室効果ガス排出量の推計  -千葉県の取り組み事例から-,農業施設, 40(4): 237-248, (2010)
  2. 栗島英明, 菱沼竜男, 楊翠芬, 田畑智博, 玄地裕, 住民のごみ分別の価値と負担を考慮した分別リサイクルシステムの評価, 環境システム研究論文集, 37: 339-344, (2009)
  3. 有元暢紀, 永木正和, 菱沼竜男, 玄地裕, エコフィード資源循環システムの環境影響低減効果LCA, 2009年度日本農業経済学会論文集: 453-460, (2009)
ページトップへ