HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 神山 拓也
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻植物生産学講座
神山 拓也

助教

神山 拓也

こうやま たくや

圃場から実験室レベルで環境と植物との関係を調査し、植物の特性を活用した環境調和型の農業技術の開発を目指しています。特に、普段見ることのできない土壌中の根の機能や発育に着目して研究を進めています。

詳細はこちら

植物生産環境学研究室

リンを効率的に吸収できる根系の解明

根箱で栽培中のダイズと根箱に伸張した状態の根系

途上国では水や肥料の入手が困難なため、作物生産性が制限されています。特に、リン肥料の原料であるリン鉱石産出は逼迫しており、リンの効率的利用に向けた作物の育種と栽培技術が必要とされています。そこで、リン欠ストレス下で、リンを施用し、①施用したリンを効率的に吸収でき、かつ、②土壌中の炭素コストを含めた収穫指数の高い、根系とはどのようなものなのか、生理生態学的な立場から調べています。供試植物には遺伝変異と形質変異を広くカバーするダイズコアコレクションを用い、温室での実験には特許申請中の根箱ピンボード法(図1)を用いています。

文献リスト

  1. 神山拓也, 吉留克彦, 荒川祐介. 2017. 根箱・ピンボード法に用いる根系採取装置の開発と利用法. 根の研究. 26(4): 85-91.
  2. Koyama, T., Yoshinaga, M., Maeda, K., Yamauchi, A. 2015. Transpiration cooling effect of climber greenwall with an air gap on indoor thermal environment. Ecological Engineering 83: 343-353.
  3. Koyama, T., Yoshinaga, M., Maeda, K., Yamauchi, A. 2014. Room temperature reductions in relation to growth traits of kudzu vine (Pueraria lobata): experimental quantification. Ecological Engineering 70: 217-226.
  4. Koyama, T., Yoshinaga, M., Hayashi, H., Maeda, K., Yamauchi, A. 2013. Identification of key plant traits contributing to the cooling effects of green façades using freestanding walls. Building and Environment 66: 96-103.
ページトップへ