HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 煉谷 裕太朗
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻応用生物学講座
煉谷 裕太朗

助教

煉谷 裕太朗

ねりや ゆうたろう

栃木県の特産品であるイチゴに感染するウイルスを始めとする植物ウイルスを用いた解析手法の開発や、ウイルスの感染に必要な植物の因子の探索を行っています。

詳細はこちら

イチゴに感染するウイルスの利用に関する研究

写真1. ウイルス感染イチゴ(左)と健全イチゴ(右)

植物は常にウイルスなど多くの病原体に感染する危機にさらされています。一方で、植物に感染するウイルスは植物の遺伝子の性質を調べるツールとして有効活用することが可能です。そこで、栃木県の特産品であるイチゴに感染するウイルスを利用してイチゴの遺伝子の性質を調べ、病原体が感染する際に利用しているイチゴの遺伝子などの特定を目指しています。

植物ウイルスの感染に必要な植物の因子の探索

写真2. 緑色蛍光タンパク質でウイルスが可視化された植物

植物ウイルスは限られた遺伝子しか持たないため、植物に感染する際に植物の因子を利用しています。そのため、感染に必要な植物の因子を欠いた植物では、ウイルス感染の遅延や、感染しなくなることがあります(写真2右)。この現象を利用すれば、ウイルスに感染しない抵抗性植物を作出することが可能であり、ウイルス病の防除への応用を目指しています。

文献リスト

  1. Keima T., Hagiwara-Komoda Y., Hashimoto M., Neriya Y., Koinuma H., Iwabuchi N., Nishida S., Yamaji Y., Namba S. (2017) Deficiency of the eIF4E isoform nCBP limits the cell-to-cell movement of a plant virus encoding triple-gene-block proteins in Arabidopsis thaliana. Scientific Reports, 7: 39678.
  2. Hashimoto M., Neriya Y., Keima T., Iwabuchi N., Koinuma H., Hagiwara-Komoda Y., Ishikawa K., Himeno M., Maejima K., Yamaji Y., Namba S. (2016) EXA1, a GYF domain protein, is responsible for loss-of-susceptibility to plantago asiatica mosaic virus in Arabidopsis thaliana. Plant J, 88: 120-131.
  3. Yamaji Y., Maejima K., Komatsu K., Shiraishi T., Okano Y., Himeno M., Sugawara K., Neriya Y., Minato N., Miura C., Hashimoto M., Namba S. (2012) Lectin-mediated resistance impairs plant virus infection at the cellular level. Plant Cell, 24: 778-793.
ページトップへ