HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 夏秋 知英
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻応用生物学講座
夏秋 知英

教 授

夏秋 知英

なつあき ともひで

植物に病気を引き起こすウイルスについて研究しています。特にウイルスの遺伝子解析とワクチンを利用した防除技術の確立に力を入れています。

詳細はこちら

植物ウイルスの分子生物学的解析

新しく発生したトマトの黄化病(左)とその媒介昆虫のコナジラミ(右)
遺伝子解析により病原ウイルスがトマトクロロシスウイルスと判明し防除法を確立

植物ウイルス研究では、まず病気を引き起こしているウイルスを正しく診断・同定して病原ウイルスの種類を特定しなければいけません。そのうえで、ウイルスがどうやって病気を引き起こしているのか、どうやって媒介生物に伝搬されるのか、などのウイルスの性質を解明するために遺伝子解析を行います。さらに、新しいエマージングウイルス病が発生しますので、その新しい病原ウイルスの解明に従事しています。

植物ウイルスに対するワクチンの開発

植物病理学研究室のワクチン開発・研究活動のイメージ
ワクチンウイルスの弱毒性を遺伝子レベルで解明する

植物のウイルス病を防除するために、さまざまなウイルスに対するワクチンを開発したり、ワクチンがどうして有効なのかを遺伝子レベル解析しています。さらに、府県の公的研究機関、企業等との産学官連携により、その実用化まで視野にいれてた共同研究を推進しています。

文献リスト

  1. Hirota, T., Natsuaki, T., Murai, T., Nishigawa, H., Niibori, K., Goto, K., Hartono, S., Suastika, G. and Okuda, S. (2010). Yellowing disease of tomato caused by Tomato chlorosis virus newly recognized in Japan. Journal of General Plant Pathology 76(2): 168-171.
  2. Chikh Ali, M., Maoka, T., Natsuaki, K. T. and Natsuaki, T. (2010). The simultaneous differentiation of Potato virus Y strains including the newly described strain PVYNTN-NW by multiplex PCR assay. Journal of Virological Methods 165(1):15-20.
  3. 夏秋知英(2009)弱毒ウイルスの防除機構.(「微生物と植物の相互作用―病害と生物防除―」百町・對馬編)pp134-141.
ページトップへ