HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 松本 浩道
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻動物生産学講座
松本 浩道

准教授

松本 浩道

まつもと ひろみち

哺乳動物の発生と生殖の仕組みを明らかにするとともに、発生工学的手法を開発し、優良家畜などの増産に貢献することを目標としています。

詳細はこちら

哺乳動物の初期胚発生機構の解析および体外受精胚の分化制御

図1-1.ラット胚における細胞系譜分化状態. A) 桑実胚、B, C) 胚盤胞. 赤, Oct4; 緑, Cdx2; 青, 核.
図1-2.EP2ノックアウトマウス由来卵子と胚. A) 体外成熟した卵丘卵子複合体、B)体外成熟卵、 C) 2細胞期、D) 胚盤胞.

哺乳動物の発生と生殖の仕組みを明らかにするとともに、発生工学手法を開発し、優良家畜などの増産への貢献を目標としています。具体的には、卵子の減数分裂再開から受精、初期胚発生、着床と妊娠の成立の分子機構解明などを行っています。

図1-1は、ラット着床前胚における細胞系譜分化状態を示しています。ラット胚とマウス胚では大きな違いがあります。その相違点がラットES細胞樹立の難しさに関連しています。

図1-2は、ノックアウトマウスの減数分裂再開から胚盤胞までの発生を示しています。不妊を示すノックアウトマウスについて、体外培養系を用いることで、胚の発生能力における遺伝子機能の役割を解析することができます。

胚と子宮における着床機構の解明と受胎率改善への応用

図2-1.着床後マウス胚の発生に関与する因子の発現動態. A) 妊娠7日目、B) 妊娠8日目. 赤, Lama1; 緑, Tinagl1; 青, 核.
図2-2.着床前後におけるマウス子宮内膜の変化

図2-1は、私達が見出した新規着床関連因子であるTinagl1の発現動態です。Tinagl1はラミニンとともにライフェルト膜を形成しています。ライフェルト膜は、受胎直後の母体の中で胚発生の空間を維持する、いわば子供部屋の壁として機能しています。

着床と妊娠の成立は、胚と子宮の相互作用が必要であり、双方の条件が揃っていなければなりません。また、着床後の胚発生を支えるためには子宮のダイナミックな変化も重要です。図2-2に示す様に、子宮内膜の分化と増殖、血管新生などが重要なのです。

文献リスト

  1. Tubulointerstitial nephritis antigen-like 1 is expressed in the uterus and binds with integrins in decidualized endometrium during postimplantation in mice. Biol Reprod. 82: 263-270, 2010.
  2. Tubulointerstitial nephritis antigen-like 1 is expressed in extraembryonic tissues and interacts with laminin 1 in the reichert membrane at postimplantation in the mouse. Biol Reprod. 81: 948?955, 2009.
  3. Establishment of rat embryonic stem-like cells from the morula using a combination of feeder layers. Zygote. 17: 229?237, 2009.
ページトップへ