HOME > 農学部について > 教員紹介 > 生物資源科学科 > 福井 えみ子
農学部について
農学部生物資源科学科・農学研究科生物生産科学専攻動物生産学講座
福井 えみ子

教 授

福井 えみ子

ふくい えみこ

ウシの成長に関わる遺伝子と初期胚の発生速度に関する研究および野生動物の遺伝的多様性の歴年的変化について研究しています。

詳細はこちら

ウシの成長および疾患に関わる遺伝子の解析

ウシの選抜において、黒毛和種では肉質や枝肉重量、ホルスタインでは乳量や乳質に関わる遺伝子構成を指標とした選抜が行われていて、目的に応じて各経済形質の生産性向上に有効な遺伝子構成を持つ子世代の作出が進められています。一方、遺伝的均一性の指標である近交係数が高まると遺伝的疾患を持つ子の作出割合の増加および受胎率が低下することが報告されています。本研究では、肉質および乳量などの生産性に有益な遺伝子型、および遺伝的疾患を発現しない遺伝子型組み合わせを持つ個体において、それら遺伝子型組み合わせが体外作出胚の初期胚の成長および受胎率に影響するか否かを明らかにすることを目的として研究しています。

ニホンジカおよびカラスにおける遺伝的多様性に関する研究

日光国立公園に生息するニホンジカの遺伝的特徴の解析および遺伝的多様性を明らかにすることを目的として研究しています。これまでにニホンジカの性決定遺伝子(SRY)をクローニングし性判別解析法の確立を行いました。
また、栃木県に生息するハシボソガラスおよびハシブトガラスの遺伝的な違いを明らかにし、羽を用いた性判別法を確立しました。

文献リスト

  1. Distribution of single nucleotide polymorphisms in the CXCR1gene and association with calf diseases in Japannese Black cattle. The Journal of Veterinary Medical Scence. 72 1609-1614.(2011)
  2. Phylogenetic implications of Jungle crow Corvus macrorhynchos and Carrion crow corvus corone based on base sequence of mitochondrial DNA. Biosphere conservation. 9 41-45.(2006)
  3. Determination of nucleotide sequence of SRY gene in sika deer (Cervus nippon). Animal science Journal. 77 250-252.(2006)
ページトップへ